阿瀬井 香織 〜鏡のブログ〜

命には終わりがある。魂は時空を超えて受け継いでいる。今の私は過去の私の希望。阿瀬井香織、もう一つのブログ。

珍事色々 〜アスペっ子の日常〜

梅雨入りましたね。毎日天気が悪く、とても嬉しいです。

太陽慣れしていないので、この薄暗さイイネッ‼

 

 

内観内観と言うとりますが、頭の中だけで何かやっていても、それは絵空事のように感じてしまいます。

内観しては、それって実際やってなくね?と、高次のカオジがツッコミを入れまくっている昨今。

内観というもののダメな所を見てしまいます。

 

 

内観は気づきがある。

 

 

あっそう‼

 

 

としか言えなかったりする。

気持ちは楽になってる。

 

 

でも、その先。

現実がその後どうなったかを見たい。

自然とやってたりもするだろうけど、意識してここを気にし始めると、内観うんぬん言う前に、人として動いてみたくなる訳で。

 

今はそれをやりたいという好奇心がムズムズします。

 

普通という当たり前の事を人と衝突したり悩んだりしながらやってみたいんですよ。

 

絶対解決出来るはずだから。

 

私のこの性質を生かして、解釈を届けられるようになった

関わったら、絶対良くなるに決まってる。

色んな事をやり直せるんじゃないかなーって。

 

人と衝突したとしても、信頼を持って、その人を信じて衝突してやろうと思いまして。その機会を待っていました。

 

 

 

望めば来るとは良く言ったもので。

すぐ来ました。

 

 

母親といとー君が、お互い気を使う事で、ストレスになってしまって、なんとなく折り合いが悪いのが見えた。

 

表面的には普通にやってるけど、何かを我慢した上で成立しているから、いつかこの関係は崩れてしまう。

 

 

よし、壊そう(^o^)丿

 

 

突いたらすぐに壊れて、2人の我慢していたものがドッと出てきます。

ここで2人は対立。

 

いいぞ‼

 

どうなるか見てると、やはり権力の強い母がややリード。

 

いとー君が引いてしまいそうになる。

呼び戻さねば。(余計なお世話)

 

 

母「なんでも言ってや。」

いとー「はぁ…。そうなんですけど…。」

か「後で私に言うんじゃなく、そのまま言おうよ。どーせ私チクるで?」

 

 

じゃぁ…分かりました。

お義母さんは、カオリの話を聞かんと用事し始めたり消えますよね。

だから俺はそれを止めたかったんです。

カオリってこう見えてお義母さんの事をめっちゃ考えてるんですよ!?

それやのにいっつもその反応で、見ててイラッとしました。

だからお義母さんをカオリの方に向けようと思って肩触って向けたのに、『触らんといてよ!』って…。

じゃあ自分でカオリの方向いたらいいじゃないですか!

僕が我慢する事でややこしくしてるんなら、僕も怖い顔して言います。前みたいにカオリに暴力してた時の僕の顔で話せば聞いてくれるんですね!

 

 

こんな内容だったかな。

頑張ったいとー君。

私の事で怒ってたのね!

 

 

そうそう、確かにふみち(母)は、都合の悪い話になるといなくなる。

私は怒ってないけど、

「怒られた!」って傷ついたり、怒られてると解釈してしまう。

「これ怒ってるの?w」と言うと、「怒られてると思う」と言うので、本人からはそうなんだろうな、放っておいた所もありました。

 

追いかけてまでって、やった時もあったけど、相手を変えるやり方で上手くいかないから、そのままでずーっと来てしまった。

 

ここで終わらせたい。

ふみちは「じゃあ分かった聞くわ。」と理解してくれていた。

 

「言っても無駄」「言っても分かってもらえない」という思いが私に流れ込む中、

お互いこうして相手を見る事で、現実が上手く行かないんだなと思うと同時に、

それを見ている私も、この人達に「自分の問題」とか言っても分からんだろうなと、

諦めた自分がいた事を知ります。

私もナチュラルに分離。

 

そう、私たちはアスペっ子。

この思いすら私達だけのものではなく、色んな人から影響を受けてるんだ。

だったら成仏させようじゃないの。←

 

 

 

目の前で起こる衝突は、

私の心の中を映し出している。

 

 

ならば。

相手と言う自分に言ってやんよ‼︎

 

 

 

あんたら分かってくれへんてお互いの事見てるけど、

私のお母さんと旦那やで!?

私を一番良く知ってて、一番理解してくれる人達やで!?

その人が分かってくれへん訳ないやろーが‼

この面倒くっさい私をずっと支えてきてんから、ちゃんと話せば分かってくれるに決まってるやろーーーーーーッ‼

ええええ~~~~~ん‼‼︎(´;ω;`)泣

 

 

 

 

泣いたーーーーーー‼

想定外w

泣かしたろうと思ったのに泣いたのは私。

 

 

うーむ、、、。

この世は不思議な事ばかり、、、。

 

 

まぁいーよ。

解放はこれで大丈夫でしょう!(気を取り直して)

その後震えがしばらく止まらず、排出が終わると共に終わったと思う。

 

その後の家族の様子は、

2人共落ち着きを取り戻している。

そして子供が一番大人しい。

私がドッカーン!する時は、いっつも大人しいのよ。

怖くて、とかじゃなく、落ち着いて本読んだりしてる。

 

今これを見ると、本当に上手く出来てるなーって思う。

鏡説でもあるし、アスペ説でもあるし。

誰かがやるようになってるのか。

でも、これで良くなるなら全然やれるわ。

 

うるさいあの人が、自分の代わりにやってくれてるなら、それを邪険には出来ません。

 

この一件を、アスペ説と共に解説してみたら、ふみちが理解した。

そんな事ほんまにあるのん?と言いながらも、「そうやと思うわぁ。」と深く頷いておりました。

 

この珍事で、衝突するって経験が更に仲を深めたのではないかな。

思い返せば、死んだおばーちゃんがヤイヤイ言う人で、みんな離れてしまったんだよね。

 

おばーちゃんは口うるさいけど、私だけ言い返してた。

あまりに言い合いし過ぎて、「帰るわッ‼︎」って1人電車で帰ったものです。

おじーちゃんが慰めてくれて、電車代くれたりして。

おばーちゃんは、「ワイが大人しくなったら終わりじゃ」と良く言ってたなぁ。

ホントに大人しくなったら終わったし。

 

夏休みとか冬休み、いとこと私は長期泊まるんですけど、

ご飯を食べた後の自由時間、おばーちゃんは椅子足りないから最後に食べる。

私はそれが終わるまで話し相手してた。いい子だから。

 

そこでおばーちゃんは、色んな本音を出すのよ。

「おまんら(私とふみち)はたった2人の家族なんやから、言いたい事言って喧嘩したらええ。そうやってストレス解消するんじゃわな。」

「今の若いもんはすぐ離婚するけどの、なんかあったら毎回離婚じゃ言うててもしゃーない。」

「嫌やったら辞めるんではの、根気が足りんのじゃ。」

 

今これ聞くとなるほどねと思えるわ。

好きな事やって行く半面、好きな事で問題を見ないようにする人沢山いるもんね。

上手くやれてると、どんどん見えなくなって行く。

 

あの時のメッセージを今ちゃんと受け取れたら、

過去と今と未来が変わる。

 

しっかり受け取ったで、おばーちゃん。

ふみちはあんたと同じ事やってたわ。

私もそれを受け継ぎそうやった。

 

辞める。

 

 

 

これ何のお話だった?

そのまんま書いてるけど、言いたい事は、

 

 

やっぱちゃんと話しようよ!

みたいな。

 

意見を話すってやっぱいるよね?

ワビサビと言いながら、感じ取ってよ的な上から目線はもう辞めん?

 

話しても無駄という土台で話すと無駄に終わるし、

話したら分かってくれる人だと信じたらそうしてくれる。

それでも揉めたら自分の信じ方がその程度だって事。

 

みんなさ、自分の中の正義や良い事に従って衝突するだけで、良い事をやろうとして衝突してるだけなのは一緒やんか?

 

その定義がみんな違うから衝突するんなら、

どんどん衝突して、自分正義の定義を変えていけばいいやん?

相手を知るのだよ。

その相手はもう1人の自分だよ。

 

 

 

正義とは、色んな正義を受け入れて変えていけるもの。

と、私なりの正義を宣言し、

この形はどんどん変化するものだと付け加えておきます。

 

 

 

でもやっぱり悪者の方が好き。

 

 

 

 

 f:id:kaojy:20170627123717j:image

嫌なあの人にこう思えたらいいね♪

 

 

 

 

 

それではまた~✋🏻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独り言。

 

ここの所、前のように色々考える事が出来なくなって、

ボーっとしてる。

感情も沸かない。

鬱か?

でもヤル気がないのとは違う。

 

最近、意識が遠のいて、自分が浮いてしまうんじゃないかって感覚が多くて、外出時に困る。

元気なのに急にフワッと来るから怖い。

今日ダメっぽいか?って時は、1人で運転はしないようにしてる(´-`)

 

 

 

 

 

だんだん暑くなってきて、今までなら暑さに対して恐怖しかなかった。

今は、毎日少しでも外の空気を感じようとしていたら、色んな当たり前に気づいた。

 

外気持ちいなーとか、

ちょっと暑いなとか、

風があるなーとか、

空気が重いなーとか軽いなーとか、

安全なんだなとか、、。

 

こんなに普通の事も感じないようにしてたし、

何かを諦めて避けてきたなーって思うと寂しい気持ち。

物凄い遠回りにやって来た我が半生、、、。

青春も若さも勿体ない使い方したな。

 

ずっと戦って変えようとして来たんだなぁ。

「ただそのままを受け入れる」とか、

「ありのままを受け入れる」ってずっと聞いてきた言葉も、

やっと本当の意味に気づいた。

深い意味でも、浅い意味でも、両方一致。

 

言葉でどれだけ導かれても、その深い意味や実感は自分で掴み取るものではあるけど、

「私には無理だ」って諦めながらやってた部分もあった。

どこかで「どーせ」って思ってた。

今は流れに任せるだけになって、思考が働かなくなってる。

だからこそ出来たのかも。

 

息子っちの送り迎えも暑くなって来て怖さはまだちょっとあるけど、それでも少しずつ動けるようになって来た。

細かいけど、27℃までは大丈夫だった所が、32℃でも大丈夫になって、5℃も限界値が上がったの。

 

人からはアホみたいなブロックかも知れないけど、

私には諦めた人生が変わった瞬間で、

「本当に奇跡ってあるのね」って気が遠くなるような感動を噛みしめたんだ。

 

今は、暑い時外に出て、

「暑いなー。」って感じる事が出来る。

こんな事も出来ない自分が情けなかったから、これ書くのも恥ずかしいけど、

「暑いなー。」って言いながら涙が出てね。

ちゃんと暑いなって認める事が出来て、嫌なのにどっかで嬉しいと感じている自分に出会えた事が本当にビックリした。

 

やっぱり人は変われるんだ。

どれだけリスクがあって、人よりスタートが遅くても、

どんな形でも諦めなかったら、絶対変われる。

 

「諦めない」って言葉も、頑張るやり方じゃなくて、

もっと自由な「諦めない」で良かったのよ~。

ここまで来ると、「全部オッケー」の意味もまた変わる。

許してるって事も、許してないまま許してるって言って行動してたりするから見つけにくい。

 

 

 

 

今までは、「昨日出来たから今日も出来る」っていう理論が重荷だった。

私には昨日は昨日だし、今日は今日なのよ。

理屈っぽいって、逃げとして解釈されるけど、

そういう部分もあるかも知れないけど、本当に違うって一面もある。

 

昨日感じているものと、今日感じているものは全然違うんだよ。

昨日出来たら今日出来るって決まりはないし、慣れる為にただ何度も練習するのも違う。

回数だけ重ねるのも、根性論でやるのも、目的を絞るのも違った。

 

 

どこと繋がっているかが問題だった。

違う所に繋がったら、それを変えるまでは動けない。

そういう意味で無理はしないけど、無理出来る時は無理をしたくてやってる。

それは無理じゃなくて、挑戦だった。

すこしストレスがかかる事で嬉しい時もあるんだね。

これは同じストレスでも繋がる所が違う。

感覚は似てるけど。

 

今の自分から見ると、先月の自分がとても沢山の鎧を着ていたと認識出来る。

あれでも軽くなったとか思ってたのに。

防御しまくってたね。

 

息子っちへの思いもまた変わって、違う関わり方が出来るようになった。

不便する気持ちとか、荒れていた部分も、今なら前より理解出来る。

母親もいとー君も、影響受けまくって動いているし、

それに気づける今、私が動く事で変わる事もある。

 

私は自分の事だけやっていればいい。

人を変えようとしても変わらないんじゃなく、

人を変える為に自分が変われるから。

 

 

 

 

やっぱり自分の中身を映しているだけ。

 

 

 

 

 

わたしもあなたも。

 

 

 

 

 

 

それではまた~✋🏻

 

 

生きて行くという事 ~不安~

生きて行く事に、凄い不安が出てきた今日この頃。

頂いたお祝いコメントから、まさかの引っかかりを感じて、そこからあまり元気ではありませんw

 

 

凄いお祝いをもらいました。

見なくしていた恐怖を目の前に、昨日は考えたら寝てしまい、起きたり寝たりを繰り返し、夜はそれはもうスコーンと寝れました()´д`()

 

 

別に特に悩んでいなかったし、上手く行くに決まってるけど、生きていく事をポジティブに捉える裏で、何かを忘れようとしていた事に気づいたのでした。

 

 

私はとことん恐れに弱いんだと思う。

私以外の人は、一部で色んな事をそんなに深く考えず「ただやる」事が出来ていて、私にはそれが出来ていない。

色んな事を見てしまって、それで怖くなってしまう所がある。

見なければいいんですけど、好奇心の如く止まらん段階です( ;´Д`)

 

 

しばらくはこのままでいます。

でも、この落ちた自分と、その中でこうしたらどうだ?と言う自分は別にいて、一緒になる事はないみたい。

今は恐怖と共に落ちて、そのまま進んでみます。

 

 

生きていく事への大きい不安は、

人に頼りながら生きる事。

絶対に1人では出来ない事を、です。

当たり前なんですけど、なるべく避けていたかった所。

表面的には出来ても、そうじゃないと生きて行けない事に直面した時や、

重大過ぎる事を人に委ねる事、

大き目の迷惑をかける事、

自分の弱い所を全面に出す事、

みっともない所も出す事、

これ全部が実はあったのに、出来ると思いながら生きていたんだなぁ。

 

 

知らない人にも出来ます?

嫌いな人にも出来ます?

条件一切なく出来ます?

抵抗一切なく出来ます?

公開でも出来ます?

 

 

これがあると、「生きてるー‼︎」 っていう自由な感覚が持てないし、

ここから派生してリラックス出来ない生き方になる。

人を信じる事が出来るようでやりきれないし、結局体に来るんだわ。

 

 

来てるし。←

自分のメニューをやり直したら、生きていない自分に気づいたのでした。

            ↓ 

「あなたの為 わたしの為」

のタイトルを自分なりに内観してみて下さい。

細か~~い引っかかりに気づくようにやってみてネ!

特にスピリチュアルリーダーのみなさんは、型で見て欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

30代最後。

不安な幕開けです。

 

 

 

 

それではまた~✋🏻

体と心と精神疾患の関係性

デトックス長ッ!

 

今日で浄化5日目。

まだ本調子ではないものの、おデコに冷えピタ貼りながら頑張っちょりますw

 

 

今回の敦賀の講座、私のテーマはに向き合う講座内容でした。

長年パニック等で苦しんで、まだその恐れが残ってて、

それなのに新しい体のサインも出てきて、

世の中に出回っているどの説も解決には至りません。

 

体の声を聴くとか言われても、聴く部位が違ったり、サインを受け取ったはいいけど、どうすりゃいいのよって問題には触れないまま。

 

大概は、許しましょうとか、愛しましょうとか、大切にしようとか、休ませましょうってアバウトな表現で、そのやり方を解決出来るように説明できる人は誰一人いなかった。

本人のやる気がないとか、そんな案件ばっかじゃない。

 

 

あんた分かってないな?

 

 

ってずっと悶々と思っていました。

世の中に、精神疾患が完治する方法は出ていません。

上手くいく人行かない人の差が激しい。

でも私は、確実に良くしたい。

つまり本人が満足する結果を出したい。

その為に今までの概念を覆す事もやりたい。

 

私がクリアしたものに関しては自信はある。

実際に何人もお客さんを治してるし、発作が出たとしても、なぜそうなるかを説明出来て、改善の仕方も説明出来ます。

(真因とか原因とかはまだまとめてません)

 

心そっちのけで薬物療法だけで進めるのは、薬がなかったらヤバイ状況になって、ないと凄く困る自分になってしまう。

薬をなくして行ける方向には導かないのか?病院は。

病院は、病を治す所ではないのか?

メンタル分野では、病に囲い込む壁(院)としての病院になってないか?

 

病気でしんどいって人は、元気な人のように働けないから、沢山病院でお薬代払ったり頻繁に通ったり出来ない。

 

なんせ病院に行き始めると、根本的解決はどんどん見なくなります。

病院来ないと薬出せない→必死で行く→病院行かないと…

このループ。

新しい風は吹きまへん。

 

でもなんだかんだちゃんと行けてるでしょ。その事実を認めて~。

ってスピも、

それは分かってるし、認めてんの。

治らんけど通ってるから満足しろって事でオケー?

 

せめて相談内容に触れて?

見る領域変えて誤魔化さないでくれる?

という相談後の落胆。

 

 

薬漬けのジャンキーな人生はもう嫌や!

と、私の研究は始まりました。

 

 

今まで、年間通しての体の日記と、どの月が調子が悪いかのデータ数年分、(自分と家族の)

それぞれの性格とライフスタイル、症状が出る前の精神状態や出来事の関係性、

それ対する最中と後の心と結果を見て来ました。

 

気付いた事は、確実に私だけ思いが違う。

捉われ方が尋常ではない。

これは洗脳と同じだと思い、催眠療法を調べ始め、恐怖症を調べ、対処法をどう変えられるかをずっと探していました。

ある程度の関係性や繋がりはもう体感済み。

しかも失敗するのもなぜか分かる。

 

ここからの糸口が何もない中、まさみちの<伝心ストレッチ>が弘前で行われる事を知る。

 

 

これや!

 

意識の繋ぎ方で、病気の気に繋がったり、回復の気に繋がったりを学ぶ内容。

これに対する私のセンサーは、久しぶりの最大反応。

これを導きと呼ぶのかも知れない。←

 

参加人数は3人。(よし、濃くなるぞ。)

そして迎えた当日。

 

やった内容は死ぬ程為になりました。

この口うるさい私が言っています。

謎を残さぬまま、聴いた事全てに答えてくれた講座だった。

 

休憩時間に、自分で研究した結果、謎が解明されない更年期と若年性更年期、パニック障害に、ホルモンバランスと、自律神経を失調する共通点、症状の共通点、ブロックの共通点を見つけ、

パニックに関しては、師匠のように真因、原因、問題、執着、結論までは見つける事が出来ました。

後は、解答、解明、解真、解解、真真を、自分なりに完成させます。

 

とめてみると分かるけど、領域を細分化する事で、見ようとしたら見えてくるものがあって、こんなにキチンと分けて出していく事に、また師匠へのリスペクトが強くなったw

何を聞かれても答えられる状態になれそう!

これからセッションに使おう。(時間かかるのが問題)

 

私達が、普段何気なく繋がっている主な意識があります。

仮想、現実、虚像という所によく行き来していて、

現実化したり、上手くいかなかったり、マイワールドに逃げ込んだりしています。

 

しかも、気の詰まりで体を支えてたりもして、その代表選手も参加して、その不感症加減をしっかりみせてもらいました。

(からだガチガチで、詰まりで支えてる人のパーソナリティの共通点をこの時発見)

 

回復の気、陰功、脈灸、会泉をまず体験して、今回の3人共通テーマ、

経血という、病気の気である滞る方の使い方を6個教えてもらいました。

6個目は私だけの使い方です。←参加者少なくて良かった( ;´Д`)

経血が詰まる意識の使い方、それを流す為の府経、田経を体験。

 

経血は、悪い使い方でもありますが、生きてくるまでに必要だったからあった気。

でもそれが、いつしか執着となっている事を教えてもらい、

もういらないってさよならしました。

 

自分の中にいる2人の自分、それを見ている今の自分。

いるのは知ってたけど、体から霊体を抜いて外から体を見る事で、本当にいると確認。

 

すごいね。

霊体と体、エゴと真心、全然別もんって体感は。

感覚が体を通して味わえて、腑に落とさざるを得ない状況。

自分のエゴ反応に対して、他人を見るかのように見ていました

完全に別人格にクッキリコッキリ分かれて見えるようになってたのも収穫。

 

そんな事知ってるって思います?

チッチキチー☝️

 

「知ってる」と言っても、知ってるけど使えていない、知ってるだけ、やるかどうかは別って意味での知ってるは、「聞いた事がある」で、

私の「知ってる」は、出来ない事がなく、既にやっている、結果や実績がある状態。

これが視座1や~。

 

でも、ここでの私の知ってるタイプ1~5に分類すると、

5.OK

2.OK

4.OK

3.OK

1.ここをやってる所。

 

かずみに誘導してみたけど、伝えるのは難しかった。

かずみの視座7に対して、私の表現を変えないといけないのがまず課題。

 

霊体を出す事や、回復の気に繋がる事を誘導出来ても、他の色んな気とも繋がってたみたい。

一つを的確に誘導するのって、相手に届く言い方にして、

自分が相手の状態を細かく判断出来ないといけない。

なかなか難しい課題じゃぞ。

 

あうん(また別記事に書きます)講座でのキネシの取り方も最初に教えてみたけど、

かずみと私では視点が反転するから、言い方も変えないといっつもミスコミュでループするw

ここはこれから勉強していきます。

 

 

 

 

やろうとしたら、ほんまゼロからやね。

 

 

 

 

それではまた~🖐🏻

 

 

 

思いを合わせると、やってる人の痛みがサポートしてる側に流れてこんなにコンパクトにまとまります。

f:id:kaojy:20170519122833j:image

みんな骨抜きになりました。

見たくなかった子どもの視座

子どもが私を見る視座から、自分を見る。

 

大好きだけど、上手く近づけない。

仲はいいけど、全然上手くいかない時がある。

 

寂しい。

ただ仲良くしたいだけなのに。

自分が変な事を言ってしまったり、

暴走したり、

その時は全然覚えてないんだもん。

 

なんでこうなってしまうんだろう。

俺って本当にアホだなぁ。

こんな自分が大っ嫌い。

 

きっとみんな俺の事嫌いなんでしょ?

香織だって俺の事嫌いなんでしょ?

 

でも本当は愛されてるって知ってる。

でも香織から言って欲しいんだ。

 

だって自信がないから。

香織の言葉で言って欲しいから。

それだけで嬉しくなるんだよ。

最高にハッピーになれるんだよ。

 

だから俺がショボーンてしてたら

「大好き」って言ってくれんかな。

お願いもできないの。

だって、そんな事お願いしたら怒られるんじゃないかって。

 

言いたいけど、断られるのも怖いんだよ。

傷つく事がまだ怖いから、香織から言って?

 

仲良くして欲しい。

一緒に旅行も行こう。

一緒にお風呂も入って欲しい。

一緒に寝て欲しい。

時々寂しくてさ。

 

それを変に表現してしまうの。

これを言いたい訳じゃなかったのに。

なんか反対の事言っちゃってたり、失礼な言葉に変わってたり。

わざとじゃないの。

なんかそーなるんだよ。

怖いよ。

止まらない自分が。

 

だから俺は神様にお願いしたんだよ。

これからもずーっと、ずーっと香織といられますように。

 

 

。。。。。。。。。

 

泣いたわ…。

 

ずっとずっと見たくなくて、見ようと入っても浮いてしまって、

何度も失敗して辿りついたら、昔の私みたいな人がいた。

 

長くかかったなぁ。

 

でも一山越えた。

これからはまた一味違った関わりが出来そう。

待たせてゴメン、ゆうき。

 

やり直しさせて。

私が変わるから。

前よりもっとCOOLなかーちゃんになってるから見てて。

明日から、更にご機嫌に学校送って行くからな♪

 

 

 

それではまた~✋🏻

f:id:kaojy:20170507215933j:image

解放者カオジになる。

擁護者(殉教者)←→解放者

 

私の第5階層の、<苦しみを身をもって知っている>は殉教者。

人がこうやって関わってくれるし、私が人に関わっている姿でもあります。

 

家族感でも、私が擁護者をする事で、殉教者を生み、擁護者である私が助け無くなったら殉教者はどうなるかを見てきた。

私のやって来た事は、助けるという美しい表現で、相手を堕落させるだけでした。

 

やっている事だけ見たら、美しく優しい。正しくも見える。

でも、相手をその呪縛から解放する事は絶対になかった。

 

こんな固定化された関わりで縛っていた家族(夫のいとー君)を、2月に切ってみた。

「他人モードにする」と自分に宣言して、容認者のブロックを外した。

 

外した結果をまさみちに見てもらって、

オッケーをもらってから、たまにぶり返す殉教いとー君。

それは、新たに擁護する私と同時発生だった。

 

気付いてすぐ辞めると、いとーも気付く。

いつも揉めるのが面倒くさい。

でも、それを恐れる事で容認しては、擁護し過ぎて疲れて嫌になる。

 

この関係を解放したい。

 

これをまさみちに頼んで楽するんじゃなく、最近では自分で出来るようにもなって来たから、

「やれる」と腹に決めてやります。

 

お客さんに殉教者が多い事、またその殉教っぷりが、新しいお客さんでぶり返して来た事で、見直してみます。

 

。。。。。。。

 

今までの私は、人をただ救うだけの相談をして来た。

そんなつもりはなかったけど、結果的にそうなっていた。

「救うなんて傲慢」だとか、そういった事もどーでも良かった。

やりたいからやっていた。

 

ただ救うだけで導く事が出来なかった。

そうやって、救われただけで、道を見失った人達を捨て、自分だけがすました顔で生きていた。

ここ数年の私は、小綺麗な理想を追い求め、本来の暴君を消すように、正しく潔白な私にしたかった。

 

もうそんな鎧は脱いだんだ。

 

私は怒りもするし、自分勝手だし、強欲だし、涙もするし情も深い。

ちゃんと怒ればいい。

怒るような事だってあるでしょう。

でも怒ったから「出来ていない人」とは思わない。

解放出来る素直な人だよ。

そもそも、相手を信頼していないと怒ったり出来ないから。

怒らない人が大人で凄いなんて事ないよ。

隠して賢そうにする事が日本の美徳だから、とても多いよね、賢こそうな人や冷めた人。

 

この人生は、いくつもの夢を叶える為に、生活はそれに合わせて送ってる。

「人生舐めてる」って何人もに言われたし、実際その人達の世界からは舐めているのだろう。

 

嫌だと思ったから嫌だと思うし、文句も言う。

でも嫌だけどやる。

だって嫌だけどやりたいから。

諦めたから愚痴ってるんじゃなく、後でやるからちゃんと愚痴っておきたい。

言っても意味ねぇ〜(´ω`;)って思えるから。

スッキリしたら切り替えて、

「さ、やるか!」ってやるの。

それでもやってる事が違うか?と思ったら辞める。

社会性?そんなもんは知らん。←

自分の気持ちが向かない以上、それ以外に何も理由はない。

 

〜〜ここから余談〜〜

昔の職場で、

「休みの希望日取れなくなるから辞めます。」って言ったら、

店長が「甘い。仕事を舐めている。」と言った。

私は、「いいんですよ。そこまで仕事に命かけたくないんで。」と言って、1ヶ月後退職した。

店長は非常に倫理観の強い完璧主義で、仕事の完璧さを尊敬してたし、言われた業務は的確にこなしていたよ。

でも、休みが取れないなら嫌だ。

 

私がその仕事を選んだ時は、その条件だったから入ったの。

お互いの条件にマッチしたから。

それが無くなるなら交渉は成立しないと思ったので、プライベートを確保(その時はデートする時間)する事を選んだ。

 

こうやって、職を10個くらい転々として、

「私ってなんで一つが続かないんだろ~。」って思ってたけど、

次に選ぶのは、やった事の無い業種を選んだ。

お金がなくて高卒だったから、お金をもらいながら専門学校に通う感覚で働いて、色んな事を知れるなんてお得!

何をやっても、今までの職場体験があったから、こうするもんだって感覚は育っていた。

 

そして、ちゃんと続く事に巡り合えた。

天職に巡り合えるなんて、宝くじ当てるようなもんで、

一発で天職に大当たりする訳ないでしょう。

それでも辞めない事、探し続ける事を辞めなかったから当たるんだよ。

 

物事が完成するには、必ず諦めない事が必要で、

「出来ない」って人は、止まってる時にそれを言う。

 

転職が多いと、周りも親も色々言う訳ですが、

気が向かんのだから仕方ない。

それに尽きる20代だった。笑

 

どれだけ大人の武勇伝を聞いても、

「もっと上手くやれんかったんか?」と思う訳で、それを言ったら怒られるから言わない。

 

「これだけやって来た。」「こんなに苦労した。」って言われても、

「あっそ。」としか思えなかった。

 

あ、私は出来ないって思われてるんだ。

 

でも、やっぱり見た目も大切で、実績が長いのも認めてもらう道具として使えば良かったんだね。

それ無しに認めろなんてそりゃないか。

そこから長く続く仕事に出会えた。

 

 

私は正しさの奴隷ではない。

やりたかったからやれるだけだった。

 

〜〜話を戻す〜〜

そして、ここ数年の私は、やりたいと言うより、こうあるべきに従っていた。 

私から見ると、みんな正しさ、常識の奴隷だよ。

そしてその姿は私の鏡だったね。

 

そんな生き方は、人なの?

無欲な人の何が魅力的なの?

正しさを身にまとった美しさに憧れる事なんか出来ない。 

 

私が夢を見られるのは、あらゆる欲望を解放して、夢を手に入れる為ならなんでもやる強欲さ。

その姿に羨望し、自分もそうありたいと前に進もうと出来る。

 

本来の暴君の私を私が認めず、恥じていた所があった。

だって、いっぱい失敗するし、とてもダサい。

カッコ良くなりきらんのですよ( ¯•ω•¯ )

 

でも、正しさに縛られて自分を装う私の方がもっと始末が悪い。

どんな失敗も経験も、私が決断して、その時の周りの人の魂と協力して至った結果。

それを悔やむ事なんかしない。

 

これが私と周りのみんな、全ての人の生き様で創りあげた結果。

痛みもあれば、悔しさも、涙もする。

この全てがみんなの精一杯の生き様での結果だからね。

 

過去世から、ずっと失敗して来たとしても、今転生した私は、

一個の命であるわたしとして、命の根を降ろしたい。

 

私がみんなに捧げるんじゃあない。

みんなが私に捧げてくれるんだ。

常に与えられて進むんだ。

人が受け取ってくれるものがあるって言うなら、与えられたんだろうね。

そうして循環して行くんだ。

 

私はこの暴君ゆえに、憧れたり、英雄のように見てくれる人がいる。

その自分を消す事で、落ちぶれたなんて言わせないよ〜?

 

みんなも早く正しさの呪いから目を覚まして。

本来の姿を取り戻そうね♪

 

 

 

それではまた~✋🏻

私は追従者。

援助者(失踪者)←→援助者

 

私は追従者。

 

援助者も、失踪者も過去の私の姿。

そうしないと愛されない怖さがあった。

 

どんな自分でも受け止めて欲しかった。

 

受け入れたら受け入れてもらえると思った。

 

本当はそんな人が欲しかった。

 

ずっと安心を探していた。

 

理解されない事を理解出来る人を増やしていこう。

 

沢山の人にその鏡を映し出そう。

 

その鏡がまた広がって、安心する世界が広がるから。

 

援助者→そのままの気持ちで安心したい。

失踪者→あるがままの自分を受け入れて欲しい。

追従者→そのままのあなたを愛したい。

 

全ての不足感を越えて、そのままで良かったと思えるようになりました。

 

私は、私の道を極める事、楽しむ事、好きな相手を思う事だけやっていればよかった。

肩書が縛りになっていた。

肩書があるから傲慢さが顔を出す。

そんなもの必要はなかった。

 

何もない時の気持ちを思い出しました。

ただ喜びで生きていた時に戻ります。

 

理解されない事を理解する者だけが理解出来る世界でした。

 

あなたの声が聴こえるようになりました。

わたしの声が届くようになりました。

 

 

 

         ~まさみちから~

意味が消えた時、理解したことになる。

 

 

 

 

 

それではまた~✋🏻