阿瀬井 香織 〜鏡のブログ〜

命には終わりがある。魂は時空を超えて受け継いでいる。今の私は過去の私の希望。阿瀬井香織、もう一つのブログ。

珍事色々 〜アスペっ子の日常〜

梅雨入りましたね。毎日天気が悪く、とても嬉しいです。

太陽慣れしていないので、この薄暗さイイネッ‼

 

 

内観内観と言うとりますが、頭の中だけで何かやっていても、それは絵空事のように感じてしまいます。

内観しては、それって実際やってなくね?と、高次のカオジがツッコミを入れまくっている昨今。

内観というもののダメな所を見てしまいます。

 

 

内観は気づきがある。

 

 

あっそう‼

 

 

としか言えなかったりする。

気持ちは楽になってる。

 

 

でも、その先。

現実がその後どうなったかを見たい。

自然とやってたりもするだろうけど、意識してここを気にし始めると、内観うんぬん言う前に、人として動いてみたくなる訳で。

 

今はそれをやりたいという好奇心がムズムズします。

 

普通という当たり前の事を人と衝突したり悩んだりしながらやってみたいんですよ。

 

絶対解決出来るはずだから。

 

私のこの性質を生かして、解釈を届けられるようになった

関わったら、絶対良くなるに決まってる。

色んな事をやり直せるんじゃないかなーって。

 

人と衝突したとしても、信頼を持って、その人を信じて衝突してやろうと思いまして。その機会を待っていました。

 

 

 

望めば来るとは良く言ったもので。

すぐ来ました。

 

 

母親といとー君が、お互い気を使う事で、ストレスになってしまって、なんとなく折り合いが悪いのが見えた。

 

表面的には普通にやってるけど、何かを我慢した上で成立しているから、いつかこの関係は崩れてしまう。

 

 

よし、壊そう(^o^)丿

 

 

突いたらすぐに壊れて、2人の我慢していたものがドッと出てきます。

ここで2人は対立。

 

いいぞ‼

 

どうなるか見てると、やはり権力の強い母がややリード。

 

いとー君が引いてしまいそうになる。

呼び戻さねば。(余計なお世話)

 

 

母「なんでも言ってや。」

いとー「はぁ…。そうなんですけど…。」

か「後で私に言うんじゃなく、そのまま言おうよ。どーせ私チクるで?」

 

 

じゃぁ…分かりました。

お義母さんは、カオリの話を聞かんと用事し始めたり消えますよね。

だから俺はそれを止めたかったんです。

カオリってこう見えてお義母さんの事をめっちゃ考えてるんですよ!?

それやのにいっつもその反応で、見ててイラッとしました。

だからお義母さんをカオリの方に向けようと思って肩触って向けたのに、『触らんといてよ!』って…。

じゃあ自分でカオリの方向いたらいいじゃないですか!

僕が我慢する事でややこしくしてるんなら、僕も怖い顔して言います。前みたいにカオリに暴力してた時の僕の顔で話せば聞いてくれるんですね!

 

 

こんな内容だったかな。

頑張ったいとー君。

私の事で怒ってたのね!

 

 

そうそう、確かにふみち(母)は、都合の悪い話になるといなくなる。

私は怒ってないけど、

「怒られた!」って傷ついたり、怒られてると解釈してしまう。

「これ怒ってるの?w」と言うと、「怒られてると思う」と言うので、本人からはそうなんだろうな、放っておいた所もありました。

 

追いかけてまでって、やった時もあったけど、相手を変えるやり方で上手くいかないから、そのままでずーっと来てしまった。

 

ここで終わらせたい。

ふみちは「じゃあ分かった聞くわ。」と理解してくれていた。

 

「言っても無駄」「言っても分かってもらえない」という思いが私に流れ込む中、

お互いこうして相手を見る事で、現実が上手く行かないんだなと思うと同時に、

それを見ている私も、この人達に「自分の問題」とか言っても分からんだろうなと、

諦めた自分がいた事を知ります。

私もナチュラルに分離。

 

そう、私たちはアスペっ子。

この思いすら私達だけのものではなく、色んな人から影響を受けてるんだ。

だったら成仏させようじゃないの。←

 

 

 

目の前で起こる衝突は、

私の心の中を映し出している。

 

 

ならば。

相手と言う自分に言ってやんよ‼︎

 

 

 

あんたら分かってくれへんてお互いの事見てるけど、

私のお母さんと旦那やで!?

私を一番良く知ってて、一番理解してくれる人達やで!?

その人が分かってくれへん訳ないやろーが‼

この面倒くっさい私をずっと支えてきてんから、ちゃんと話せば分かってくれるに決まってるやろーーーーーーッ‼

ええええ~~~~~ん‼‼︎(´;ω;`)泣

 

 

 

 

泣いたーーーーーー‼

想定外w

泣かしたろうと思ったのに泣いたのは私。

 

 

うーむ、、、。

この世は不思議な事ばかり、、、。

 

 

まぁいーよ。

解放はこれで大丈夫でしょう!(気を取り直して)

その後震えがしばらく止まらず、排出が終わると共に終わったと思う。

 

その後の家族の様子は、

2人共落ち着きを取り戻している。

そして子供が一番大人しい。

私がドッカーン!する時は、いっつも大人しいのよ。

怖くて、とかじゃなく、落ち着いて本読んだりしてる。

 

今これを見ると、本当に上手く出来てるなーって思う。

鏡説でもあるし、アスペ説でもあるし。

誰かがやるようになってるのか。

でも、これで良くなるなら全然やれるわ。

 

うるさいあの人が、自分の代わりにやってくれてるなら、それを邪険には出来ません。

 

この一件を、アスペ説と共に解説してみたら、ふみちが理解した。

そんな事ほんまにあるのん?と言いながらも、「そうやと思うわぁ。」と深く頷いておりました。

 

この珍事で、衝突するって経験が更に仲を深めたのではないかな。

思い返せば、死んだおばーちゃんがヤイヤイ言う人で、みんな離れてしまったんだよね。

 

おばーちゃんは口うるさいけど、私だけ言い返してた。

あまりに言い合いし過ぎて、「帰るわッ‼︎」って1人電車で帰ったものです。

おじーちゃんが慰めてくれて、電車代くれたりして。

おばーちゃんは、「ワイが大人しくなったら終わりじゃ」と良く言ってたなぁ。

ホントに大人しくなったら終わったし。

 

夏休みとか冬休み、いとこと私は長期泊まるんですけど、

ご飯を食べた後の自由時間、おばーちゃんは椅子足りないから最後に食べる。

私はそれが終わるまで話し相手してた。いい子だから。

 

そこでおばーちゃんは、色んな本音を出すのよ。

「おまんら(私とふみち)はたった2人の家族なんやから、言いたい事言って喧嘩したらええ。そうやってストレス解消するんじゃわな。」

「今の若いもんはすぐ離婚するけどの、なんかあったら毎回離婚じゃ言うててもしゃーない。」

「嫌やったら辞めるんではの、根気が足りんのじゃ。」

 

今これ聞くとなるほどねと思えるわ。

好きな事やって行く半面、好きな事で問題を見ないようにする人沢山いるもんね。

上手くやれてると、どんどん見えなくなって行く。

 

あの時のメッセージを今ちゃんと受け取れたら、

過去と今と未来が変わる。

 

しっかり受け取ったで、おばーちゃん。

ふみちはあんたと同じ事やってたわ。

私もそれを受け継ぎそうやった。

 

辞める。

 

 

 

これ何のお話だった?

そのまんま書いてるけど、言いたい事は、

 

 

やっぱちゃんと話しようよ!

みたいな。

 

意見を話すってやっぱいるよね?

ワビサビと言いながら、感じ取ってよ的な上から目線はもう辞めん?

 

話しても無駄という土台で話すと無駄に終わるし、

話したら分かってくれる人だと信じたらそうしてくれる。

それでも揉めたら自分の信じ方がその程度だって事。

 

みんなさ、自分の中の正義や良い事に従って衝突するだけで、良い事をやろうとして衝突してるだけなのは一緒やんか?

 

その定義がみんな違うから衝突するんなら、

どんどん衝突して、自分正義の定義を変えていけばいいやん?

相手を知るのだよ。

その相手はもう1人の自分だよ。

 

 

 

正義とは、色んな正義を受け入れて変えていけるもの。

と、私なりの正義を宣言し、

この形はどんどん変化するものだと付け加えておきます。

 

 

 

でもやっぱり悪者の方が好き。

 

 

 

 

 f:id:kaojy:20170627123717j:image

嫌なあの人にこう思えたらいいね♪

 

 

 

 

 

それではまた~✋🏻