阿瀬井 香織 〜鏡のブログ〜

命には終わりがある。魂は時空を超えて受け継いでいる。今の私は過去の私の希望。阿瀬井香織、もう一つのブログ。

霊性開花 セッション1日目。

【お願い】

※ここは分かるように書けないので、雰囲気でお楽しみ下さい。

※文字の大きさがバラバラなのも、勝手になってしまうので、無いものと思って下さい。いつか原因解明します…。


。。。。。。


10〜19時くらいまでやりました。

9個ある魂の9番目が、私のベースになっていたようで、ここの影響が大きかったな〜…。

 

この9番目は『俺は神になった男だ!』とか言ってたみたいです。

恥ずかしいです。

 

小学校の運動場で『私は神に選ばれた存在。10年に1度生まれるか生まれないかの存在だと思った。』

って言ったら、

『随分短いねw』って師匠に言われ、小学生のわたしの頭脳の小ささも恥ずかしかったw


セッション開始して、自分でもやるように言われて、次は何かな〜とやってみます。

が、師匠が早いから私は聞いてる方が多くなる。

そりゃそうでしょ。


たま〜〜〜に自分でも出る。

『お!それだね。』

ホッ♪

でもブロックだから遅いし分からんし、閃かなくなるし。


私がどこから見てるかお見通しで、

『お前そんなとこから見てんの?俺でもそんなとこから見ないわ。あとでやろうねそれ。今は10に行って。』←淡々と


この光と影両方一気にやるってのを、今見て今始めてくれたみたい。(違ったらゴメン、多分これ)


私はこんなややこしい見方をしていたってこと?

なんとなく人と意見が違う意味を知る。


次に、『俺のとこ来れる?』

は!?www


『俺が今いる場所と同じとこ来て。』

何言ってんのこの人w  そんなもん分かるわけないやろw


『得意の触覚使って俺になってほら。』

触覚か。ん〜……

あれ?どこにもいない。

引っ掛かかりが何もない。

ん〜〜〜…

どっこもおら〜ん(・・;)


『お前がさっきいたとこ。』

あ、ここ?


『そうそこ。』


なにこのやりとりw

合ってんの!?


なんか出来そうな気がしてきた。

(この間、2人とも無言で黙ったまま意識のみのやりとり)



『そこ9でしょ?10の光と影両方からみて。』

なんでバレるのw

しかもしかも10に行くまでに、1、2、3、4、5…って一つずつ確認しながらじゃないと行けないアナログの私に対し、まさみち(師匠)はパッと行けるデジタル。


『一気に行きなよ。』

一個一個じゃないとムリ。

『そ?相手を気にしないマイペースね。うん、いいよ♪』

うっざw

なんっか腹立つw


『ちょっと俺に入ってみて。完全に入って。』

えーw

出来るかな。

……………


『そうそう。もっと正確に。隅々まで。もっと。もっと。』



うっさいwww

自分が早いからって次々言うけど、私は指一本一本入ったか確認しながらじゃないとできひんのw

横から先先言うから気ぃ散るわ!


『だって遅いんだも〜んwww はいはいwww』


遅いけど隅々まで入って、周りも全部マネして、はい、終わった!


『お前…今どんな感じ…?俺は苦しい…。』

私も苦しいw


『一回出てw やり方変えよう。俺をコピーしてそれを転写して入れ。』

コピーとかできないんですけどw

やってみても全然できてる気がしない。


ハッ!やり方変えていい?

『いーよ。』






はい!どうこれ。まさみち被ってみた。

『できてるわw』

これ苦しい?

『これなら苦しくない』


よしw



1日目はこんなやり取りをやっていました。

師匠の中に入ると、

『ここまで完璧に俺に入った奴は始めてw』

って言われましたよ!


でも入ると変な気持ちに。

ボーーーーッとしてしまって、抜けてから動けなくなった。


『あれ?面白いことになってる!w   お前変わったね!w 周りにあったもの全部取れてるでしょ!あははははははは(⌒▽⌒)こんなことになるんだ〜wwww  面白いね〜www』


チーーーーーーーーーン


状況がよく分からないw

意識がフラフラするから周りを探すけど、何もない。なんかフワフワして変〜!なんもないからや!いつもは知らん間に意識が軸に寄っかかってたんや!今軸が何もないからぶっ飛んだ感じなんや! と思う私。


師匠の中に入ると、自分のエゴがボロボロボロ〜っと剥がれた気がした。


これはセッション受けるより入ったほうがいいw

しかし、頭がついてこない。



その後も、一緒にリーディングしながらの何時間。


『1回でパッと行けばいいのに〜。』

ええ加減にせえよw


この日は1〜11の領域をずーっとずーっと何時間もやってたから、終わってから脳みそが変な感じで寝られなかった。

体はすっごい疲れてるのに、脳の変なトコがずーっと圧迫されてて疲れすぎた。


これを毎日のように何時間も何年もやってるまさみち。

偉大さを改めて痛感して、自分って本当にちっぽけやな〜と涙した夜でした。


クラクラしたまま横になり、5時ごろやっと就寝…




2日目に続く。






それではまた〜♪